3歳4ヶ月 フォープレイス ルールを理解してくれて楽しめるように

3歳4ヶ月 フォープレイス ルールを理解してくれて楽しめるように

先月のことになりますが知育玩具としてはマイナーのフォープレイスにどハマリしてくれました。

私もどこかのブログだったか、ネットだったか覚えていませんが、【数学が得意になる子】というワードで即買いしました(笑)

そしてなにより助かるのが知育玩具にしてはお値段が安いです!!何とAmazonだと1700円!!

知育玩具を買い過ぎて貧乏な我が家にとって嬉しいことです(笑)

フォープレイスとは??

「フォープレイス」は、世界中で親しまれている「ナンバープレイス」の考え方を幼児向けにアレンジしたもので、シンプルかつ効果的に思考力を鍛えられる算数パズルの王道です。

タテ4列、ヨコ4列、2×2の太枠内の空いているマスに、タテヨコどのマスとも数字がかぶらないように、1〜4の数字ブロックを1つずつ入れていきます。

幻冬舎から引用しました。

付属品は

●1~4の数字が書かれたブロック

●ボード

●説明書と問題

値段の割には問題もボリュームがあり、そしてスモールステップが踏めるのでオススメです。

渡したのは3歳3ヶ月

初めて渡したのが3歳3ヶ月。

七田式プリントを続けてることによって数字に興味を持ってくれるようになり、理解も始めてくれましたのが渡すきっかけでした。

そしてフォープレイスを渡して「やってみよう!!」と思ってましたが、ルールを理解してくれず苦戦。

しかも私が熱心に説明することによって長男のフォープレイスへの熱が冷めていき終了。

その後は長男が手に取ってくれるまではお仕事の棚に半月ほど放置····いつものパターンです(笑)

その後何気なく手に取りやり始めたのが、問題通りにブロックを置くことです。

これの作業でも長男には難しかったのか「あれ?2の横が4だよね。」など独り言を言いながら黙々と問題と同じように繰り返すこと半月。

ハマってくれた3歳4ヶ月

問題と同じように置いてくので空白な部分が毎回出て来ます。

それを疑問に思った長男から「ここの空いてる場所には何の数字が入るの??」という質問を貰うことが!!!

そこから私の説明を再度したら、思った以上にすんなりと理解してくれました。

この自分で疑問を持つことが大切だし、興味が湧いてくるプロセスなのかもしれません。

そこから長男のどハマリが始まりました。

プリントをやり終わったらフォープレイスという流れに。

今ではプリントが終わったら、プリントをやりたくてやりたくてしょうがない次男にペンを渡して自分はフォープレイス。

ただ長男のこだわりなのか問題ページが2ページ目にいくと1ページ目に戻ってくるという。全然難易度を上げてくれないんです。

自分の実力を理解した上のことなのか、ただのこだわりなのかわかりません。

ただ無理にレベルアップはさせずに見守りたいと思います。

ただ将来的には年長さんぐらいでレストランや病院の待ち時間に数独のプリントが出来るようになったら本人も楽しめるんだろなって期待はしちゃいます。

焦りは禁物なことは今までの育児で学んだことなので子供たちのペースに合わせていきたいと思います^_^

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。