はさみで切る敏感期2回目が到来 モンテッソーリ

はさみで切る敏感期2回目が到来 モンテッソーリ

はさみを初めて長男に持たせたのが1歳6ヶ月です。私は危ないから持たせたくなかったんですが、遊びに来ていた私の母が勝手に遊ばせてました^_^;

当時はモンテッソーリなんて知らなかったので「えー!!こんな小さい子供に持たせて大丈夫??」なんて思ってました。

もちろん私の母もモンテッソーリなんて知りません。長男が興味を示してたから持たせたそうです^_^;

はさみで切る敏感期 1回目

この時にモンテッソーリを知らなかった自分を悔やんでます。

長男が一番深く長い集中を見せてくれてたから。そして終わった後の満足した顔が見れなかったのもです(;_;)

1歳6ヶ月ではさみを持たせて数日後、声をかけても反応なし、お菓子を見せても見向きもせず、2時間以上ずっと切り続けるという。

モンテッソーリを知らなかった当時の私は「発達障害かも!?いや何かの病気??」と異様な光景に色々な心配をしました。

集中する時間は減ってったものの2歳ぐらいになると落ち着いてきたんです。

はさみで切る敏感期 2回目

次男が動き回るようになってからはさみを隠してました。長男のはさみ熱が落ち着いてきたのもあります。

ところが先日、長男から「はさみちょうだい」と催促があり、次男も言葉を理解もしてきたので渡しました。

そして2回目の敏感期到来です。

切る

丸く切るのも

丸??

線を自分で書いて

切る!!長い紙も何のその。

切る!!

ちゃんと掃除もします。

あえて提示はしてません。

いつも勉強会で習ったように提示をしますが、勉強した時点で丸く切れてましたし、一度線を書いて切るように言ってみたんですが、自分の思い通りに切りたいそうで^_^;

ちゃんと長い距離の紙も切れるので、良いかなと。

おうちモンテッソーリなんでゆるくです。

ただ次男もはさみを使いたそうなので、その時は勉強会で習ったように提示していきたいなって思います。

はさみで切ったり、テープで貼ったり、粘土で色々なモノを作ったり、用意したお仕事をしたり、線路やブロックで遊んだり。

やりたい事が多すぎる子供たち。

とても羨ましい母なのでした。

ではでは

2歳カテゴリの最新記事

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。