兄弟ケンカで話を逸らそうとする長男。自分が悪いと思ってるから?

兄弟ケンカで話を逸らそうとする長男。自分が悪いと思ってるから?

ここ最近では兄弟ケンカが減ってきたんですが、昨日は久しぶりに2人でケンカしてました。

ケンカの内容

アンパンマンの滑り台(いつも写真に写り込んでるモノです)の一番上にトーマスと車数台を置いていた長男。

もちろん次男にとって魅力的だったんでしょう。すかさずトーマスのおもちゃを取りました。

長男「やめてー!!取らないでー!!僕が使ってたの!!」

次男も負けずに「あー!!あー!!」

長男「返してー!!やだー!!」

「返して」の言葉に次男は手に持ってたトーマスのおもちゃを長男に返しましたが、怒りが収まらない長男です。

最初は手加減をして次男の体を押してましたが、最後に力一杯押してしまい、次男は尻もちをつく形で倒れました。

ここからは2人とも大泣きです。

そして私に向かって「僕が悪くない」コールが一斉に出されたので仲裁に入りました。

仲裁

仲裁に行ったら、すかさず長男が状況説明をしてくれました(一部始終みてましたが^_^;)

長男「僕が車で遊んでたのに次男が取ったの!!」

「そっか。遊んでたのに次男が取って嫌だったんだね。本当に嫌だったね。ところで次男は何であんなに大泣きしてるか知ってる??」

長男「次男が取ったの······あっ!!トーマスの本どこにある??」

「いやいや。次男泣いてるけど何でか知ってる??」

長男「····トーマスの本ないなー。」

「次男。長男の遊んでるおもちゃを勝手に取ったら長男が嫌な思いしてるよ。これから貸してね。って言ってから触ろうね。ところで何で泣いてるの??どこか痛い??誰にされたの??」

次男が長男を指して「あー!!」

長男「勝手に取ったから本当に嫌だった。ところでさトーマスの本どこ?」

「いやいや。次男が長男にやられたって言ってますけど。長男が何かしたの??」

長男「·····トーマスの本どこ?」

頑なに僕がやったとは言いませんでした。どんだけトーマスの本を探すんだよ(笑)

本人が悪いとわかってるからこそだと思い、それ以上追求はしませんでした。

その数分後には2人で仲良く遊んでましたとさ。チャンチャン^_^;

最後に

勉強させてもらってるブロガーさんのブログに

「もし噛んだり、押したりした時は、その行為を注意はしないで、子供の気持ちを代弁してあげるほうが大事」

なんだそうです。最初は「嘘でしょ!?」と思いましたが、この方法を続けていくと長男が次男を押すことも減ってきました。

今回は久しぶりに押してしまいましたが、長男自身悪いと思っているので効果は出始めてるのかも。

長男も口達者になりましたが、まだ3歳前。伝えたいのに言葉が出てこないことの方が多いですよね。

癇癪を起こしたときも「嫌だったんだよね」「こうして欲しかったね」「お母さんわかってあげられなくてごめんね」などその状況に合わせて代弁してあげると、今までの癇癪はどこに行ったの??って言うぐらいケロってしてます。

まだまだ未知の男児年子育児ですが、少しずつでも楽になってきたような、楽しめるような気がしてきました。

この子は何を考えて怒ってるのかな??

どうして欲しかったのかな??

など子供を怒るのではなく、大人側が子供が思ってることと違うことをしてないかな?って考えられるようになりました。

これからも沢山の壁にブチ当たりますが、そのたびに私も成長出来たらなって思います。

ではでは

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。