セロハンテープを自分で切れるようになったら、出来ることが増えた 2歳10ヶ月

セロハンテープを自分で切れるようになったら、出来ることが増えた 2歳10ヶ月

工作が大好きな長男。工作と言ってもハサミで切って、テープで貼る。または折り紙で適当に折って、テープで貼るなど工作と言ってもいいレベルかわかりませんが。

そうこの「テープを貼る」という工程ですが、いつも私や義母に「切って」とお願いされてました。

これが地味に面倒臭い。

家事なんかしてると「自分で切ってくれ!!」と叫びたくなるくらいです。

なので自分でするように提示しました。ちなみに勉強会では「テープを切る」などの勉強はしてませんが、自分なりに考えてアレンジしました。

テープ

100均で見つけてきました。ある程度の重さがあって、子供の手で押さえられるもの。購入したのがこちら

ちょうど良い物があったんですが、難点が1つ。

こういうタイプってテープの部分が簡単に取り外し可能なんです。

ということは、次男が外せる→長男が怒る→ケンカ勃発の流れになります。

購入当初はそれはそれは大変でしたが、今は落ち着きました。

次男にも長男が切ったテープをあげると落ち着くように。今思えば、お兄ちゃんと同じでテープが欲しかったのかも^_^;

作業風景

ちゃんと片手で押さえてます。

下の方に見えるのが、作品です。折り紙で折って、テープでベタベタ貼ってます。

次男にも「どーぞ」してます。

作品

作品と言うほどではありませんが、家中に貼ってくれてます。

棚の補強だそう。

2人の名前を書いた折り紙を貼ってます。

まー義母は良い顔はしませんけど、今だけなんで好きにさせてます^_^

教えて本当に良かった

テープを自分で切れることが嬉しかったのか、絵本が破れてると「直さないとねー」と言って、テープで修理してくれます。

貼り方は甘々ですが、自分で出来ることが嬉しいようです^_^

私が楽したいために提示した「テープの切り方」ですが、成功して良かったです。

やはり切る部分が難しく「きー!!」となってましたが、そこは子供の順応力。数日経つと切れるように。

お母さんが切ってあげてる家があれば、ぜひお子さんにさせてみてください。

1人で切れるまでは大変ですけど、切れるようになったら楽になります^_^

ではでは

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。