拭くお仕事 モンテッソーリ

拭くお仕事 モンテッソーリ

先日、長男に「拭く」お仕事の提示をしました。

拭くお仕事の前に「スポンジを絞る」お仕事の提示をした後だったので集中力が続かず、提示途中で「しない!」と拒否されてしまいました^_^;

欲張りな母でごめんよ。

そんなことで数日間は全く触れてもくれなかったので、朝ごはんの後の台拭きで再提示してみました。

予想通り興味が全く示してくれず、次男が棚からスポンジを持ってきて一緒に拭いてくれただけでした。

次男の気持ちは嬉しいけど、長男を動かしたかった。

乾拭きはやるの?

その日の午後にお仕事する机を拭いていたら「僕も!!」と言って、手を拭くタオルを持ってきて滑り台を拭いてくれました。

そしてお仕事の棚も

そしてなんちゃってモンテッソーリをしてたときに教えた「ほうきとちりとり」も覚えていたらしく

初めてしてくれました。

母ちゃん感動だよ( ;∀;)

日常生活の一部として

今回のことで長男に教えて貰ったのは、お仕事として教えるのではなく、日常生活で必要なことなんだよ。って長男に伝えたほうが興味を示してくれるということです。

卓上で「こうやるんだよ」って教えるのではなく、「お母さんがやってるのに興味あるんだ。一緒にやりたい」と思ってくれてからスタートなんだなって。

マリア·モンテッソーリが言っていた

「教えるのではなく教わりなさい」

(間違えてたらすみません)の意味が少し意味がわかったような、わからないような。

通信教育でも「お母さんがやらせたいお仕事」ではなくて「子供を観察して適切なお仕事」とよく教えて貰ってるんですが、今回のことも当てはまるような。

私の課題は「子供の観察」なんですが、生まれた時から一緒にいるのに、これがなかなか難しいです。

拭くお仕事

棚には

  • 洗面器
  • 水を注ぐ計量カップ
  • スポンジ
  • 手拭き用タオル
  • 台拭き

をセットしてあります。

毎食後、このセットを使ってダイニングテーブルを拭いて、長男が興味を持ってくれるようにしていけたらなって思います。

また拭くお仕事で必要なのがタオルを干す場所なんですが、私はニトリで800円で購入しました。

安かった分、子供が少し体重をかけると倒れてしまうという。

せめて1000円以上の商品のほうが頑丈だったかな。

ではでは

2歳カテゴリの最新記事

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。