輪ゴムパターンボードを手作り

輪ゴムパターンボードを手作り

今日は次男と同い年の親戚の子が遊びに来てくれたので、家の前にある公園で長男と次男と3人で一緒に遊びました。

長男と親戚の子は落ち葉の上を歩くのが好きだったようで何往復して2人で楽しんでました。

そういえば、ずっと欲しかった「わごむパターンボード」を自作してみました。

全て100均で揃えれます。

材料

  • パンチングボード
  • ダボ
  • 輪ゴム
  • 輪ゴムを入れるお皿

私はCan Doで購入しました。パンチングボードはSeriaにもあるそうです。


ダボの在庫が20個入りで4個しか無かったので歯抜けみたいになってしまいました^_^;

合計で600円で出来ちゃいます。

ただパンチングボードの穴の大きさがダボより大きい部分もあるのでボンドで止めておくといいかもしれないです。

使ってみた感想

2人で出来るので兄弟がいる場合は助かります。

次男は輪ゴムを伸ばしてつける作業は難しいので、ダボに輪ゴムをかけるお仕事になってます。本人が楽しそうなので良しです^_^

長男はある程度遊び終えると、輪ゴム屋を色別に分けるお仕事へ進んでしまいます^_^;上手に出来るんですけどね。色の敏感期なのかな。


お仕事をしてくれる頻度はまぁまぁです。次男は長男と一緒に出来るからなのか、棚から持ってきては長男を誘いますが、長男に断られることが多く、渋々お仕事をしないまま棚にお片付けをしてるのを何回か見ました(笑)

コルクボードに画鋲を刺して作ってる方も多くいらっしゃいますね。手軽に作れるので、ぜひ挑戦してみて下さい。

1歳カテゴリの最新記事

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。