保育園に任せっきりだったトイレトレーニングを自宅で行うも壁にぶつかる

保育園に任せっきりだったトイレトレーニングを自宅で行うも壁にぶつかる

2歳半の長男のトイレトレーニングを保育園に全て任せてました。

自宅では一切してなかったんですが、先日担任の先生から

『保育園ではトイレでする回数は増えてますが、ご自宅ではどうですか???』

全くしていなかったので、笑顔でごまかしました(笑)

これはまずいと思い、今週の初めから自宅でも始めるようにしました。

 

自己流でなんとかならないものか

トイレトレーニングって聞くと『オムツなしですっぽんぽん』のイメージがありますが、なかなか勇気が出なくて踏み出せない状態。

なので食事の前やお風呂に入る前・寝る前など確実にオムツを換えるときにトイレに連れて行く方法にしました。

もちろん便器にそのまま座らせるではなく、補助便座を使用してます。

 

結果

まず『(補助便座に)座りたくない』の連呼で、完全に拒否。

無理やり座らせたら、次はトイレにも来てくれないです。

担任の先生に相談したら『まーマイペースに行きましょう。保育園の子供用トイレと勝手が違うので戸惑ってるのかも。いつかは外れるので大丈夫ですよ』って。

やさしい言葉でしたが、いやいや。そんな事を言ってたら、いつまで経っても母の重い腰は上がらないので奮起。

 

長男の性格を考えて誘ってみる

長男の性格は、

  • 臆病。一度怖い思いをしたら、再挑戦まで時間がかかる
  • 手先が器用
  • 新しい事を試してみたい
  • 出来た事を自慢したい
  • 人に教える事が好き。特に次男にお兄ちゃんヅラが酷い

この中で1番使えそうなのが、お兄ちゃんヅラです。

ここに目を付けました。次男は1歳ちょうどですが、長男の道連れに一緒にトイレトレーニング開始しました。

 

次男も一緒のトイレトレーニング

この方法を一番最初に行ったときは、『次男が先』と長男から指示があったので、次男を便器に座らせたら大泣きでした。

次に長男に『座る?』と聞くと、『次男見ててね』とお兄ちゃんヅラ発揮です。

泣きもせずに、便器に座りながら次男にトイレの方法を教えてました。結局、おしっこは出ませんでしたが、便器に座れたので良しとします。

 

これからの目標

今後も次男を道連れにしてトイレトレーニングを継続していく予定です。このまま8月までにある程度、トイレで出来るようになるのが目標です。もちろん長男も次男も。道連れですから(笑)

思い返すと長男が1歳半のときぐらいから『おしっこ出た』『ウンチ出たよー』って教えてくれていたので、そのときがトイレトレーニングの開始合図だったのかもしれないです。

ただその時期は次男の出産前後だったので、『まっ良いか』で流してきました。でも今回は本当に頑張って長男次男のオムツを卒業出来るように頑張ります^^

 

また経過などブログにアップできればと思います。

 

ではでは

 

2歳カテゴリの最新記事

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。